MENU

トリプルダブルが提供する「猛獣塾」とは

外資系グローバル企業2社(P&G、Philip Morris)で30年間、セールス&マーケティング及び組織開発分野の最前線を陣頭指揮し、自ら開発した各種トレーニングプログラムを駆使して、1000名を超える部下育成を行ってきた猛獣塾 塾頭 西田浩史。
彼を中心に集まった業界OBの仲間達(外資及び日系大企業元経営幹部等)が、
「今後日本のビジネスを支えていく志ある若者たちの学びを支援する為に、我々の持つ知見・経験を彼らに生々しく伝えていける場を作りたい」という思いから発足したプロジェクト。それが「猛獣塾」プロジェクトです。

猛獣塾は、企業研修もサポートしています!

猛獣塾は、企業研修もサポートしています!

学ぼうという志ある個人を支援する為に、週末中心に実施している猛獣塾ですが、実は、部下に本物の学びの機会を提供したいという経営者を支援すべく、猛獣塾の各種プロクラムを社内研修にもご活用頂いてます。

先日も、東京の某IT企業で「スーパーセールスマンへの道【初級編】:ハンマーセリング」を実施してきました。営業を中心とした約20名の中堅社員に向けて今年3回目の実施になります。受講生メンバー構成に合わせた若干のカスタマイズは行っていますが、原則、通常の猛獣塾プログラムをベースに【入門編】【特別編】【初級編】と進めてまいりました。

この企業では、猛獣塾の特色である「腹落ち戦略絵図」や「ニーズピラミッド」など手法が、既に日常業務に取り入れられており、学びを実践に生かす事が日々行われています。受講生からは、「猛獣塾で習った手法や用語が社内で普通に使われてます。その結果チーム内でのコミュニケーションがとても円滑になりました。」「学んだ事を実際の商談で試して見ましたが、商談が思い通りに進んでビックリです。体系的かつ効率的に準備する事って本当に大事なんですね…」等のコメントを頂いてます。

「スーパーセールスマンへの道」の好結果を基に、この企業では管理職向けに「理想の上司育成コース」の導入も決まっており、更には猛獣塾”フレッシュ業界OBチーム”講師陣による新講座「究極のマーケッター」の導入も計画中です。

猛獣塾は、志ある個人と志ある経営者を支援する為、どんどん進化していきます。

 

PAGE TOP